マツコ番組で話題の「京らー油ふりかけ」感想とおすすめアレンジレシピの紹介。

火鍋や麻辣味など、最近辛いものブームがきていますね!

私も辛いものが大好きで、定期的に食べたくなります。

そんな辛いもの好きさんにおすすめなのが、

京都のご当地ふりかけである「京らー油ふりかけ」です。

「マツコと有吉のかりそめ天国」というテレビ番組で、京都府代表として選ばれた有名なふりかけ

なのですが、「ごはんが進む」と大絶賛だったんです!

辛くておいしい「京らー油ふりかけ」、その魅力と食べてみた感想、

おすすめアレンジについてご紹介したいと思います。

「京らー油ふりかけ」の魅力とは?

「京らー油ふりかけ」は、京都に4店舗構える有名な七味唐辛子のお店、

「おちゃのこさいさい」の商品です。

世界一辛い、と看板をかかげた、「舞妓はんひぃ~ひぃ~」という唐辛子シリーズで人気に火が付き、今では京都の定番土産になっています。

清水寺近くの産寧坂に本店があり、錦市場や嵐山など京都の主流観光スポットで購入できますが、

オンラインショップでの販売も行っているので、手に入れやすいですね。

そんな「おちゃのこさいさい」が作った本気のラー油ふりかけが、「京らー油ふりかけ」です!

公式HPの説明によると、

京都産の九条ねぎをたっぷりと使い、ざくざくと香ばしい食感が楽しめるソフトふりかけで

こちらも人気商品である、にんにくと唐辛子の効いた「京らー油」をたっぷりと染み込ませています。

濃厚で食感の楽しいふりかけだから、ご飯が進むと評判なんですね。

「京らー油ふりかけ」を食べてみた!

私は、京都によく遊びに行くので、清水寺に観光に行った際に本店で購入してきました。

炊き立てご飯を用意して、実際に食べてみたところ、

これがほんとうにおいしい!!

食感がザクザクとしていて、噛むたびにラー油の風味が口いっぱいに広がります。

ピリッと辛いのですが、九条ネギの甘みも残っていて、1口、また1口と食べ進めたくなる中毒性のある味。お箸が止まりません…

あっという間にご飯1膳食べきってしまいました。

大人気商品の理由がよくわかります。

辛すぎないので、老若男女問わず好まれそうです。

1つ残念なところは、容器の形がパック状なところ。

スプーンを使ってふりかけるか、面倒であれば袋のままざざっとご飯に振りかけるのですが

ついつい出しすぎてすぐに使い切ってしまいます…

筒状でふりかけるタイプであれば、もっと使いやすいのにな、と勝手な希望。

お弁当でおにぎりにしたりもしましたが、冷めたご飯でも変わらず美味しくいただけました!

おすすめ!おいしい京ラー油ふりかけアレンジレシピ

ご飯にかけて食べる他に、「おちゃのこさいさい」が公式HPにのせている

おすすめアレンジレシピを試してみました!

卵かけごはんにかける

卵かけごはんに、醤油の代わりにスプーン1杯程度ふりかけるだけです。

卵のまろやかさとラー油のピリ辛がマッチして、止まらないおいしさでした。

お好みでネギなどを加えるとよりおいしいんじゃないかと思います。

ビビンバにかける

ビビンバを作り、最後に京らー油ふりかけを大さじ1ふりかけます。

通常ビビンバにはコチュジャンをあとから混ぜることが多いと思うのですが、

その代わりに京らー油ふりかけを使っているかたちです。

コチュジャンとはまた違った、食感の楽しいピリ辛ビビンバになりました!

和え物に使う

セロリ、生ハム、きゅうりをごま油と京らー油ふりかけで和えるだけの簡単メニューです。

ピリッと辛くてお酒が進み、スピードメニューなのでおつまみにぴったり。

家にあったトマトとアボカド、レタスなども同じように和えてみたところ、とっても美味しかったです!

お好きな具材でチャレンジしてみてくださいね。

その他、口コミではチャーハンの味付けに利用している方が多いようです。

ピリ辛のおいしいチャーハンができそうですね!

まとめ

「京らー油ふりかけ」は京都の人気唐辛子店「おちゃのこさいさい」の商品

唐辛子とニンニク、九条ネギの旨味と風味が楽しめるソフトふりかけ

食べ始めると止まらない!ご飯が進むふりかけ

アレンジ色々、料理の味付けにも使えて用途が幅広い

巷で人気の京らー油ふりかけ、噂にたがわぬおいしさでした。

これはリピートしてしまいそうです。

興味を持った方は、ぜひ食べてみてくださいね!

最後に・・・

このブログはブログランキングに参戦中です。

みなさんの応援でより美味しいふりかけを紹介する励みになります。

是非、下記のバナーを押していただき応援お願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ おにぎり・ご飯もの(レシピ)へ
にほんブログ村
おすすめの記事