お弁当におすすめのふりかけ7選。種類別のおすすめを徹底解説。

お弁当の定番とも言ってもいいほどにご飯にふりかけという人は多いはず。

スーパーで商品棚にありとあらゆる種類のふりかけが並んでいます。

たくさんある中から選ぶとなると何を基準に選べばいいのか悩んでしまいますよね。

私自身、お弁当のご飯を詰めるときは必ずふりかけを使うので

買い物の時にあれもこれもいいなとなってしまいがちです。

一人暮らしで毎日お弁当を作っているわけではないのでいろいろあっても

気付いたら賞味期限が切れている、なんてことにもなりかねません。

今回はそんな悩みを解決しつつ、今回はお弁当におすすめのふりかけ種類・タイプ別7選をご紹介します!

パッケージ別おすすめ

まず、パッケージ別におすすめの4種類、紹介していきます。

個包装タイプ


スーパーなどで売られているものだとよく見かけるものに個包装があります。

いろいろな味が5種類前後小分けになって売られているものです。


その日の気分やおかずとのバランスで味を選んだりできます。

豊富な味の種類を楽しめるし、キャラクターのデザインのものもあり、

お子さんのお弁当であれば、とても喜ばれて見た目でも楽しむことができます。

人によっては季節によってご飯の傷みが気になったり、時間が経ってしまうとあまり味がしない、

お弁当箱の蓋につくのが嫌だという人もいます。

そんな時に個包装であれば、簡単に持ち運びができ、使い切ることができるのが良いですよね。

また味の面でもいつも新鮮な味を味わえるのも〇。

携帯できて、使い切りなので賞味期限を気にせず使えます。

味がたくさんあるのでそれぞれのパッケージのデザインは様々でとてもカラフルで見た目も楽しめちゃうのがこのふりかけのいいところですね。

チャック付き袋タイプ


次に紹介するのは販売されてる中では味の種類が多いチャック付きの袋タイプです。

チャックがついているので開閉することが簡単にできます。

別の容器に移し替える事なく保存する事ができるので、手間がかからない上に場所を取りません。

味の種類が多く、どこのスーパーでも売られていて、手軽に手に入れられて便利ですよね。

因みに上記のリンクの『誘惑のふりかけ』なんですが・・・

個人的に2020年度スーパーで買えるふりかけNo.1です。

以前ローソンの商品で悪魔のおにぎりというモノが流行ったことがありましたよね?

あれをもっと美味しくしたようなふりかけです。

もはやおかずいらずです。。。

時間あるときに食レポ書きますね。

瓶詰めタイプ


瓶詰めのものは、容量が多く、チャック式より乾燥しにくいです。

更に他のものとは違い、スプーンなどを使って容器から必要な分、

あるいは自分の好きな分量を取り出す事ができます。

ふりかけとしてだけでなく、味付けやそれ自体でおかずにできたりします。

量が多いので食卓に置いたり家族みんなで使うには良い量です。

ボトルタイプ


瓶タイプに続いて、量が多く、蓋を開けるだけでふりかけられます。

ボトルのタイプに入っているのは乾燥タイプのふりかけなので、

比較的長い期間保存する事ができます。

瓶タイプ同様、量の調整がきくので、適量、もしくは自分が好きな量をご飯にかけられます。

小包装タイプの量では足りないという人にはいいかもしれませんね。

量が多いので、お弁当用として使う以外にも食卓で楽しむこともできて便利です。

透明の容器に入っている物が多いので、残量が一目でわかります。

種類別おすすめ

続いて、ふりかけの形状別でのおすすめ3つをご紹介します。

ソフトタイプ


素材本来の味をじっくり感じる事ができ、柔らかくしっとりしているのがソフトタイプです。

従来のふりかけのパリパリ感と違い、

素材の形がある程度、残っているのでご飯に馴染みやすいのが特徴です。

噛めば噛むほど味わいが増し、ふりかけとは思えない存在感を味わう事ができるのがソフトタイプふりかけの特徴です。

肉や魚などの食材を使っている物が多いので比較的高額な商品が多く見受けられるんですが、やはりその分味がしっかりしていて美味しいものが多い印象です。

未開封での賞味期限はドライタイプよりやや短い期間ですが、

原料やメーカーによって保管方法や保存期間が異なるので

パッケージの表示をしっかり確認することが大事ですね。

ドライ(乾燥)タイプ


ふりかけと言われて、真っ先に思い浮かぶのはドライタイプではないでしょうか。

パリパリの食感を楽しむ事ができ、常温での保存が可能なので管理が簡単です。

味の種類が豊富で、個包装やチャック付きの袋、ボトルといった様々なパッケージで

スーパーの商品棚に並んでいるのを多く見かけます。

未開封での賞味期限は長く、だいたい12ヶ月〜1年半の保存が可能です。

最近ではドライタイプのふりかけでも様々な種類が出ていて味もソフトタイプのふりかけに引けを取らない商品もたくさんありますよね。

のせるタイプ


具材が大きく、ご飯をがっつり食べたいという固いおすすめなのがのせるタイプのふりかけです。

味付けがしっかりしているので、

おかずの代わりの一品になるくらいボリューミーで存在感の味わいです。

あまり長い期間保存ができないのがデメリットですね。

でも美味しい商品が多くおかずを作れない時などには非常に便利です。

まとめ

お弁当の中で大きな割合を占めている白ごはんを手軽に美味しくするのに最適なふりかけ。

用途や味で選んだりすることでいろんな楽しみ方ができます。

是非参考にしてお弁当ライフを楽しんでください!

最後に・・・

このブログはブログランキングに参戦中です。

みなさんの応援でより美味しいふりかけを紹介する励みになります。

是非、下記のバナーを押していただき応援お願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ おにぎり・ご飯もの(レシピ)へ
にほんブログ村

おすすめの記事